自律神経失調症に悩んでいるのなら治療しよう

ファミリー

新しいがん治療法

女の人

癌細胞を死滅へと導く

癌治療にひそかに人気になっているのがフコイダンです。フコイダンは海藻のヌメリ成分なのですが、これは海藻が自らの身を守るために必要な成分なのです。これを人体に利用することで癌の抑制効果を上げることが可能になります。フコイダンが癌細胞を消滅させるのには細胞自らが持っている力を利用するものです。細胞は一定期間経過すると自らの命を絶ち消滅します。そして徐々に新しい細胞に引き継いでいきます。そのため全体の細胞数に変化はなく、一定数を守ることができるのです。しかし癌細胞は細胞の変異で、死ぬことがありません。そのため増殖を繰り返すのです。フコイダンは異常に成長した細胞をもとに戻す作用を持っています。そのためがん細胞を自らの死に追い込むことができるのです。

今は試験段階

癌細胞が成長した段階でも効果が高いとされており、末期がん患者などに使用されることが多くなっています。通常外科手術や抗がん剤治療、放射線治療などを施して癌と闘いますが、これらの治療ができないほどステージが進行し、体力が弱っている場合に最後の望みとしてフコイダンを使用することがあります。しかしすでにがん細胞に侵されている割合が多い場合には、癌細胞へ効果をもたらすまでの時間が不足して治療成果を上げることができない場合が多くなっています。これはまだ医療段階として正常な効果を見いだせておらず、正式な治療法として認められていないためです。現段階では試験段階を繰り返しているためいずれ正式ながん治療に取り入れられる日も遠くないのです。